TRAVEL

【温泉旅行におすすめ】飯坂温泉はどんなところ?実際に行ってきたので紹介します!

こんにちは、KIPPIです。

日頃の疲れを癒したいと思い立って温泉旅行に行ってきました!

KIPPI LIFE初の温泉旅行のお話ですが、温泉好きなので今後記事を増やしていきたいと思っています。
ご期待ください!!

今回の行き先は「飯坂温泉」です。

どこにある温泉なのかすぐにわかる方はいらっしゃいますかね?

早速ご紹介していきたいと思います。

飯坂温泉について

飯坂温泉は福島県福島市にあります。東北の古湯で鳴子(宮城県)、秋保(宮城県)に並んで奥州三名湯に数えられています。松尾芭蕉の「奥の細道」にも登場している温泉地です。

画像元:BIGLOBE旅行

飯坂温泉へのアクセス

関東からは比較的アクセスしやすく東京駅からだと所要時間は2時間程度です。

東京駅から福島駅まで約1時間40分+福島駅から飯坂温泉まで約20分
※福島駅発飯坂温泉行きの飯坂電車は本数が少ないので注意

温泉の特徴

温泉の色は透明で少しとろっとしています。

効能は神経痛、筋肉痛などの疲労回復や冷え性などです。

【KIPPI版】飯坂温泉1泊2日観光スケジュール

飯坂温泉は箱根温泉や伊豆温泉といった観光地がたくさんあるところではなく、、
「温泉に入ってのんびりしたい!」という方におすすめ出来るところだと思います。

ということで私が訪れたところを紹介すれば飯坂温泉についてお伝え出来るのではないかと考え、
1泊2日でリアルに巡ったところを順番に紹介していく形式にします!

1日目 グルメと温泉を満喫
上野駅から新幹線で福島駅へ
松露さんの卵焼きは甘め。一口サイズが食べやすかったです。
東京カヌレさんのカヌレはサイズ大きくてもっちりしてました。

上野駅のアトレで少し食べ物を買って乗車しました。

福島駅到着!!福島駅周辺でランチ

ランチは食べログ好評価のラーメン屋うろたさんへGO!
福島駅から徒歩15分程度のところにあります。

店構えはラーメン屋さんらしくないポップな感じでした。
11時半くらいには行きましたが人気店なのでお客さんが並んでいました。

食べたラーメンは醤油の純鶏そばと正油の魚そばです。

純鶏そば 800円(税込)
細麺で透明なスープでコクがあって上品なお味でした。

正油の魚そば 750円(税込)
魚の出汁が濃いめなので魚介系のスープが好きな方にはおすすめです。
麺は太麺でスープが良い感じに絡みあって濃厚なラーメンでした。

食べログ受賞なお店だけあって味が安定?していてとても美味しかったです!
でも、個人的には店内のソファが激しく破れていたり天井の壁がボロボロに荒れて?いたり、
あまり綺麗な場所ではなかったのが気になってしまい少し残念に思ってしまいました。。

福島駅から桃パフェを求めてフルーツラインへ

以前も桃の日帰りバスツアーのご紹介をさせていただきましたが、
桃好きなので桃の名産地の福島で桃を食べる事がこの旅の目的の1つ。

そして福島市では桃パフェの農家カフェ森のガーデンさんが有名店です!

写真:農家カフェ森のガーデンfacebookより


お店の場所は福島駅から飯坂電鉄で医王寺駅下車、徒歩20分程度です。
炎天下の中歩いたので汗だくだくでした。

森のガーデンにはたどり着いたもののテイクアウトのみ販売ということが判明!
そして着いた時点で2時間待ち、、待つところも時間を潰すことが出来る場所もなし、笑
ということで残念ながら諦めました。泣

でも、せっかく来たのに桃を食べずにはいられないということで桃狩りが出来るところを探しました。
この辺りはフルーツラインの名前がつくくらい果樹園が多くて果物狩りが出来るエリアなのですが、
コロナの影響もあってやっているところも限られていました。
なんとか見つけたところがまるか園さんです。

45分間桃食べ放題で大人1名880円で楽しめました。

しかも、桃狩り出来る桃の種類は4種類もありました!
※品種の種類桃狩りする時期によって変動

白凰、あかつき、ギョウセイ、タマキという品種です。

KIPPI
桃の色や甘さ、大きさ、硬さなど違いを楽しみながら桃を食べられてHAPPY!
いざ飯坂温泉へ〜温泉街を散策~

医王寺前駅から飯坂温泉駅までは電車で数分で到着しました。
到着するとレトロな温泉街の雰囲気が漂っていました。

飯坂温泉の温泉街は正直なところお店は少なめですね。
でも、複数の湯巡りスポットがありますし、歩くだけで温泉街の雰囲気が楽しめて良いですよ!

事前に調べて気になっていたカフェひらながさんに行ってみました。
飯坂温泉駅から徒歩5分程度の場所にひっそりとありました。

店内のアンティーク調な雰囲気が飯坂温泉街とGAPを感じましたが素敵でした。

カフェメニューもスペシャリティコーヒーやスイーツ、フードメニューも豊富ですごく悩みましたが、
オーツミルクラテをいただきました。

コーヒーの深みをありオーツの香ばしい感じも合わさって美味しかったです!

旅館での夜ご飯を控えてなければ食事メニューも挑戦してみたかったですね。

行けませんでしたがおすすめしたい飯坂温泉グルメがあります。

それは円盤餃子です!

写真:餃子照井HP

フライパンの形に合わせた餃子が福島市の名物になっています。
その人気店照井さん本店が飯坂温泉街にあります。

行列必須のお店なので餃子が閉店前に完売することもあるので早い時間帯に行くことをおすすめします!

旅館チェックイン&ディナー

今回お世話になった旅館は湯乃家さんです。

ペット同伴OKのお宿です。

純和風の旅館で建物自体は古めですが清掃は行き届いていて、従業員の方も雰囲気が良かったです。

チェックインしたのが遅めだったので夕ご飯をすぐいただきました。

食事会場にて夕食をいただきましたがお部屋ごとに仕切られていたので、
他のお客様との接触はなくアクリル板などの設置もあってコロナ対策されていました。

食事は和食で品数多めでどれも美味しくいただきました。

特に鮑は新鮮で元気いっぱいに踊っていました。
プリッとしていて美味しくて感動ものでした!

利き酒の食事プランを選んでいたのですが、それほどお酒が強くない私にも飲みやすく甘口でした!

福島は日本酒が豊富なので地酒を楽しめて良かったです。

温泉入浴&お部屋でゆっくり

お風呂は大浴場と展望露天風呂がありました。

いずれも比較的小さめな浴槽でしたがいずれも人は少なくゆっくりと入ることが出来ました。

展望露天風呂は急な雨により景色は見れませんでした。
屋根付きだったので露天風呂の雰囲気は楽しめましたよ!

写真:湯乃家HP

温泉は少しとろっとしていて硫黄の匂いなどはなく入りやすかったです。

お部屋では温泉街で買った桃ジュースと老舗洋菓子店pâtisserieSAWADAさんのプリンを食べました。

桃ジュースは桃が濃縮していましたね!プリンはかなり柔らかいなめらかプリンです。

温泉に入った後にいただくと美味しさも増しますね!

2日目 ショッピングを楽しむ
旅館で和朝食

朝食も昨日と同じ場所で朝ごはんをいただきました。

いつもはパンの朝食なので新鮮でした。

おかずがいっぱいでご飯をいつもよりモリモリ食べてしまいました。

福島駅に戻ってコーヒー屋さんへ

コーヒー豆がなくなりそうだったのでお土産代わりにSAKAMOTO COFFEEさんにコーヒー豆を買いに行きました。
 福島駅から徒歩5分程度のところにあるコーヒー専門店です。

コーヒースタンドという感じでお席は少なめでしたが、福島のささき牛乳を使用したカプチーノをお店でいただきました。

酸味は少なめのコーヒーに濃厚だけどしつこ過ぎない牛乳が混ざったカプチーノはとても美味しかったです。
外が暑くて喉が渇いていたこともあってすぐ飲み干してしまいました。

コーヒー豆もお店の方が丁寧に説明してくださりエスプレッソ用1種類とドリップ用2種類も購入しました。

特にエスプレッソは香り豊かで味にコクがあって店主の豆の挽き具合も良くて自宅で美味しくいただいています。

福島駅構内で中華昼食

福島駅構内エスパル福島にオープンした福島市の老舗中華料理店石林(シーリン)2号店で昼食をいただきました。

麻婆豆腐が想像していた以上に美味しかったです!

麻婆豆腐950円(税込)

豆腐が美味しくてお肉も米沢牛を使用しているだけあってジューシー。

福島市に住んでいたらお店に通っているかもしれないくらいまた食べたい一品でした!

福島駅でお土産購入

福島駅は新幹線停車駅なのでお土産を購入出来るところがたくさんありました。
昼食を食べたエスパル福島でも買えますし、駅近くに福島観光物産館もあるので福島駅で購入することをおすすめします。

私が購入したお土産は福島のお土産定番のままどおると飯坂ゆべしです。

飯坂ゆべしは生地はもっちり、くるみが入ってアクセントになり少し塩気もあって美味しかったです。
ゆべしは飯坂温泉のお土産なので飯坂温泉でも購入可能です。

そのほか福島市のお土産では和風スイーツのいもくり佐太郎やいかにんじんも人気があるようです。
いかにんじんは旅館の朝ごはんにも出てきていたのですが金平のような味付けでご飯のお供にとても良かったです。

新幹線で福島駅~上野駅〜帰宅

まとめ

飯坂温泉は調べるまで福島県の温泉地ということすら恥ずかしながら知らなかったのですが、
ゆったりと温泉を満喫し、桃を堪能出来てとても良かったです。

都内からアクセスしやすいというところもちょっとしたお休みのお出かけ先としては良いですね。
ただ、電車の本数が少ないのと観光地が駅から歩いて遠いところが多いので車を利用出来る方は車での観光をおすすめします。
あと、お店がいっぱいある地域ではないので人気店に人がすごく集中します!
事前に予約出来るお店などは予約をした方が安心ですね。

飯坂温泉に日頃疲れた体を温泉で癒したい方は訪れてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

旅行について記事を書くのは初めてなので今後のために何か感想やご意見をコメントでいただけると幸いです。

飯坂温泉の記事でみなさまが少しでもHAPPYになりますように。

この記事について評価やコメントをいつでもお待ちしています。
みなさまの声を参考にして今後もHAPPYな記事をお届け出来るように頑張ります!

  • この記事を書いた人

KIPPI

鎌倉育ち、千葉県住みの好奇心旺盛でちょっぴり天然なKIPPIと申します。 旅行に出かけたり、美味しいもの(特にパンが好き)&カフェ巡りが大好きです。 あとボールを追いかけるようなスポーツも意外と得意。 追いかけ巡ったKIPPI情報で読者の方に少しでも喜んでもらえたらHAPPYです。

-TRAVEL
-, ,

© 2022 KIPPI LIFE Powered by AFFINGER5